財務・経営コンサルティングなら「福島県郡山市|株式会社遠藤会計」へ相談ください。

財務・経営コンサルティングなら「福島県郡山市|株式会社遠藤会計」へ相談ください。

Blog記事一覧
日々の財務・経営に役立つ情報発信

2023.06.27

【経営者向け】経営者を不幸にする6種類の人間と対策

経営相談

今回の記事では、「経営者を不幸にする6種類の人間と対策の極意」というテーマで考察します。
ここでは、経営者や二代目経営者に必要なことを詳しく説明します。
この記事は、国税職員、税理士として20年以上にわたり表と裏から経営者を見てきたコンサルタントが、中小企業(従業員300名以下の企業)の経営者や管理職の皆様向けに、より良い組織運営ができるための情報やヒントを提供していく記事です。

経営者や管理職は、会社を経営する立場として、様々な人と関わります。残念ながらその中には経営者の心に重い負担を与える人も存在します。
そこで、そういった人物の特徴と対処法について見ていきます。

目次

1 自己中心的な人物

自己中心的な人物は、自分の意見や要求ばかりを主張し、他者の意見や感情を無視する傾向があります。
そのため、組織内での信頼や協力関係の構築が難しくなり、経営者にとって大きなストレス要因となります。

対処法

・その人物に対して、チームワークの重要性や他者の意見を尊重する姿勢を持つよう指導する。
・周囲のメンバーにもチームワークや協力の重要性を強調し、組織全体で協力体制を築く。

2 問題を指摘するだけの人物

問題を指摘するだけで、具体的な解決策や改善方法を提案しない人物は、経営者にとって大きな悩みの種です。
問題の解決に向けたアクションが取れず、組織の成長が阻害される可能性があります。

対処法

・具体的な解決策や改善方法を提案することの重要性を教え、問題解決能力を向上させる。
・組織全体で問題解決のプロセスを共有し、問題を指摘するだけでなく、解決策も考える文化を育てる。

3 ネガティブな態度の人物

ネガティブな態度を持つ人物は、組織内で悪影響を及ぼし、経営者や他のメンバーのモチベーションを下げる原因となります。
また、ネガティブな雰囲気が広がることで、組織全体の生産性が低下する可能性があります。

対処法

・その人物に対して、ポジティブな考え方や態度の重要性を伝える。
・業務上の成功や達成感を経験させることで、自信を持たせる。
・組織全体でポジティブなコミュニケーションを促進し、良好な職場環境を作る。

4 責任逃れをする人物

責任逃れをする人物は、自分のミスや失敗に対して責任を取らず、他人や状況のせいにする傾向があります。
そのため、問題が解決されず、経営者がその責任を背負わざるを得なくなることがあります。

対処法

・責任感を持つことの重要性を伝え、個人の成長につながることを理解させる。
・組織全体で責任を共有し、協力して問題に取り組む文化を築く。

5 噂話や陰口を言う人物

噂話や陰口を言う人物は、組織内での信頼関係を損ね、経営者や他のメンバーの人間関係に悪影響を及ぼします。
その結果、チームの士気が低下し、生産性が落ちる恐れがあります。

対処法

・その人物に対して、噂話や陰口の悪影響を認識させ、改善を求める。
・組織全体でオープンなコミュニケーションを促し、陰口や噂話の温床をなくす。

6 ルールや指示を無視する人物

ルールや指示を無視する人物は、経営者が意図した方向に組織が進まないことを招き、結果的に会社の目標達成が難しくなります。また、他のメンバーにも悪影響を及ぼし、組織の秩序が乱れる可能性があります。

対処法

・その人物に対して、ルールや指示の重要性を認識させ、従うことを求める。
・適切なルールや指示を設定し、組織全体でその遵守を徹底する。

まとめ

 経営者を不幸にする人間は、組織の成長やチームワークに悪影響を及ぼすことがあります。
上記で挙げた6つの特徴を持つ人物に対処するためには、個別に指導や改善を求めることが重要です。また、組織全体で良好なコミュニケーションや協力の文化を築くことで、そういった人物の影響力を低減させることができます。
さらに、経営者や管理職自身も、リーダーシップを発揮し、率先して問題解決や改善策を提案し、組織の方向性を示すことが大切です。
そうすることで、組織全体が一丸となって成長し、経営者を不幸にする人物の影響を最小限に抑えることができるでしょう。
最後に、経営者や管理職は、自身のコミュニケーション力やリーダーシップ力を磨くことも重要です。
組織の中で信頼されるリーダーとなることで、問題を早期に察知し、適切な対処ができるようになります。

おわりに

(画像:磐梯山から見る裏磐梯と檜原湖(福島県))

今回は、経営者を不幸にする人物の特徴と対処法についてお話ししましたが、経営者や管理職は常に組織の健全な成長を目指すことが求められます。困難な状況や人間関係に悩まされることもあるでしょうが、その中でしっかりと向き合い、適切な対処を行うことで、組織をより強固にしていくことができます。

これからも、コンサルタントの視点から、地方の中小企業の方々へ向けて、経営者や管理職の皆様がより良い組織運営ができるよう、有益な情報やヒントを提供する記事をしていきたいと思います。どうぞお楽しみに。

記事執筆

株式会社トライアンドエラー
代表取締役 遠藤 光寛(えんどう みつひろ)
税理士 行政書士 CFP FP1級
1981年生まれ 山形県出身
2000年仙台国税局採用 福島県内税務署を中心に18年間勤務。
2018年税理士事務所を設立。国税時代から法人個人含め延べ約30万件超の財務経営コンサルティングに携わる。
現在は株式会社トライアンドエラー 税理士兼代表取締役社長として、福島県郡山市の企業を中心に財務経営コンサルタントとして活動中。

SERVICE

財務・経営コンサルティング

法人・個人問わず、皆様のお金に関するあらゆる問題に対して財務コンサルタントが丁寧にお答えいたします。
「資金繰りについての悩み」や「老後の資産形成不安」など、独りで抱え込まずに私たち専門家へご相談ください。

blog

財務経営コンサルタントブログ

» 一覧を見る

SOCIAL MEDIA

公式アカウント

ACCESS

アクセス

【株式会社遠藤会計】
〒963-8001
郡山市大町1丁目14番14号 ラフィネス郡山1101号
JR郡山駅西口出口より徒歩5分

営業時間:平日9:00〜17:00/休日:土日祝日、年末年始GW